トップページ > 姿勢矯正ユニット・コアフレックス

CORE Flex

コアフレックスとは

コアとは体幹、フレックスとは柔軟・自在を意味します。姿勢矯正ユニット「コア・フレックス」は肋骨や内臓の奥にあり、徒手では届かなかった深層筋である上部大腰筋と腰部腱膜を特定の姿勢にすることによりストレッチし、体幹の自在性を高めることを目的とした治療器具であり運動器具です。

上部大腰筋はトレーニングを積んだアスリートでなければ意識して自身で動かすことも鍛えることができず、腰の慢性症状を持っていれば、それが治療が必要な部位であっても自分で動かすこともできませんでした。

姿勢が悪く日々疲れやすい方はごく軽い運動で生活が楽になります。股関節や体幹の柔軟性や強さを高めたいアスリートなら、わずかな努力で股関節の動きを根本から改善し、自身では鍛えにくい体幹の深部筋を鍛えることができます。さらなるパフォーマンスアップのためにご利用ください。

開発ヒストリー

端的に言えば治療とは、ケガや習慣で身についた間違った身体の癖を取り除くことですが、再度傷めないためには正しい体の使い方を覚えていただかなければなりません。治療後に正しい体の使い方を覚えて頂くために色々と考えてはいましたが、実際にやって頂ける方はごく少数です。

正しい姿勢を覚えて頂くためには、体幹と股関節をどう使うことが正しいのかをご自身で覚えて頂くことです。それには昔からあるトレーニングマシンであり、姿勢が固定される「ハック・スクワットマシン」を利用すべき、と以前から考えていました。 しかし、このマシンはボディビルダーの通うジムであっても既に姿勢のできた上級者用と言われ、加齢で脚力の落ちた方、運動経験の無い方が使うには非常にハードルが高い。そのため、私の発案を形にしていただくために、あるメーカーに問い合わせても、こちらの意図を全く理解して頂けないばかりか、叱責される始末。この発案はこのままお蔵入りかと、大手医療器具メーカーであるOG技研の奥田社長に愚痴をこぼした所、「そんなに効果が見込めるならうちで試作しましょう」と二つ返事で開発スタート。

OG技研様は介護用品、介護施設においては西日本のトップメーカーで、まさかそんな会社に一治療院の院長の発案を具現化して頂けるとは思いもよりませんでした。「叩けよされば開かれん」を実感した瞬間でした。奥田社長を始め開発スタッフの皆様には感謝を形に表しきれません。

効果

料金

指導付き2,000円、指導なし1,000円

写真

下部僧帽筋のPNFストレッチ
ワイドスタンススクワットによる内転筋と上部大腰筋ストレッチ
第5腰椎後方アジャスト
上部大腰筋とハムストリングのPNFストレッチ
※撮影協力・友定祐己氏 (競輪選手)→ KEIRIN.JP選手プロフィール